Past event…

Event Ended

サポーターズ 京都オフィス

English Below

スタートアップウィークエンドってなにをするの?

スタートアップウィークエンド(以降SWと略)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当し ます。

What is Startup Weekend?

Startup Weekends are weekend-long, hands-on experiences where entrepreneurs and aspiring entrepreneurs create a startup in 54 hours. Throughout the weekend, you'll learn how to turn ideas into something real and experience what it's like to startup. Beginning with open mic pitches on Friday, attendees bring their best ideas and inspire others to join their team. Over Saturday and Sunday teams focus on customer development, validate their ideas, practice LEAN Startup Methodologies, and build a minimal viable product. On Sunday evening teams demo their prototypes and receive valuable feedback from a panel of experts.

スタートアップを体験するとは?

スタートアップに大切なのは、サービスの仮説検証を的確に行い、人々がほしがるものを見極めること。モノにあふれた現代では、ユーザーがほしがるものにしか市場価値は付かないからです。素早くプロトタイプを作り上げ、ユーザーテストで検証を行うことで、イノベーティブなアイディアがうまれてきます。

また、少人数でチームを組むスタートアップでは、それぞれに大きな裁量が与えられる点が特徴です。ハスラーのみならず、エンジニアもデザイナーも仮説検証と向き合い、自分の意見を生かすことが出来ます。もちろん失敗も起こりえます。しかしそこから学びを得て、プロダクトと共に自分も急成長して行けるのが魅力でもあります。

そんなスタートアップを実践しているSWからは、たった3日間の間に、確かな価値のあるプロダクトが生まれてきます。実際にここから始まったサービスは数知れず。世界478都市で1,000回以上開催された、参加者10万人を超える世界最大級のスタートアップコミュニティです。グローバルスタンダードのリーンスタートアップを体験してみようと思ったら、ぜひあなたもSWに参加してみてください!

What is the startup experience?

It's important for a startup to rapidly test their product/service and determine what people want. In a world of abundance overflowing with gadgets and apps, only a truly desired product/service can survive. By rapidly creating prototypes and testing with users, an innovative idea could be developed. In a startup with few team members, each person has both great responsibility and ability to affect the outcome. Everyone from designers to engineers to planners have a say in the ultimate product/service. There will be failures, but learning and growing rapidly from failure is not only necessarily but the allure of being part of a startup. In just three days, Startup Weekends have produced countless, truly valuable products and services. The event has been hosted over a thousand times in 478 cities around the world, and the alumni network is more than 100,000 people strong. If you want to experience the excitement of being part of a startup, come participate in Startup Weekend!

Schedule

Friday

Apr 22
  • Registration Starts 受付
  • Dinner & Networking 懇親会
  • Pitches Start 1分間スピーチ
  • Attendees vote for the top ideas 投票
  • Teams start forming and discussing ideas チームビルディング
  • Start to formalize teams and take an inventory of skills.  プロダクト開発スタート

Saturday

Apr 23
  • Arrive, simple breakfast & coffee 朝食
  • Lunch ランチ
  • Coaching コーチングセッション
  • Dinner 夕食

Sunday

Apr 24
  • Arrive, simple breakfast & coffee 朝食
  • Lunch ランチ
  • Gut check. Start prepping for presentations プレゼンテーションテックチェック
  • FINAL PRESENTATIONS プレゼンテーション
  • Judging & awards 優勝発表
  • Wrapup 懇親会
Local Sponsors
Facilitator

水口貴之 Takayuki Minakuchi

同志社大学卒業後、2005年より東京に移り、広告代理店営業とDeNAでのアライアンス営業を担当した後、10年ぶりに京都に拠点を戻す。2014年に行われたStartupWeekendTokyoに参加し、その事業準備のために今年4月から個人事業主に転向。「全国の古民家を1つでも多く未来へ」をコンセプトにした古民家好きのための情報サイト「COMINCA TIMES」を運営。編集長を務める。

After graduating from Doshisha University, Takayuki moved to Tokyo and worked in sales at an advertising agency and at DeNA as a business developer. After 10 years in Tokyo, he returned to Kyoto. Takayuki participated in Startup Weekend Tokyo last year and has been an entrepreneur since April preparing his company. He operates a curation site "COMINCA TIMES" with its purpose of "bringing old traditional houses into the future" and serves as its chief editor.

Judges

今村 元一 Genichi Imamura

株式会社クエステトラ 代表執行役CEO

大学院修了時(2000年4月)、「四次元データ」(CRMソフト)を設立、代表取締役CEO。2007年、大阪証券取引所に株式上場(シナジーマーケティング)。2008年、「クエステトラ」(BPMソフト)を設立、代表執行役CEO。目下、世界中の「業務プロセスの整備」に腐心中。『京大「超交流会」の実行委員長』

After passing through a graduate school in 2000, Genichi established "四次元データ(Yojigen-Data)" (CRM Software) and has served as its CEO since then. The company was listed in Osaka stock market in 2007. In 2008, he established Questetra (BPM Software) and serves as its CEO. He has been trying to fit out a process of operation all around the world. Also, he is an executive chairman of a networking event called "超交流会(Cho-Koryukai)" of Kyoto University.

小野邦彦 Kunihiko Ono

株式会社 坂ノ途中 代表取締役

1983年奈良県生まれ。京都大学総合人間学部では文化人類学を専攻。外資系金融機関での「修行期間」を経て、2009年、株式会社坂ノ途中を設立。「未来からの前借り、やめましょう」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売や育成機能をもつ自社農場の運営を通して、環境負荷の小さい農業を実践する農業者を支えている。東アフリカでも有機農業の普及に取り組み、2013年には現地法人Saka no Tochu East Africaを設立した。

Kunihiko Ono was born in Nara in 1983. He studied Cultural Anthropology in Faculty of Integrated Human Studies of Kyoto University. After a "training period" of working at a foreign financial institution, he established Saka no Tochu (On the slope) in 2009. With a motto "Stop the advance loan from the future", he supports farmers that try hard not to damage the environment by running the company's own farms with equipment for cultivating chemical-free crops and selling them. Also, he has been working on organic farming in East Africa since he established Saka no Tochu East Africa in 2013.

洛西 一周 Isshu Rakusai

Nota inc. 代表

1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。
「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代紙copiなどのソフトウェアを開発する。2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。

Isshu was born in 1982 and graduated from
the Graduate School of Media and Governance of Keio University. By his motto of making a "human" program, he created a software called Kamicopi when he was a high school student. Since 2007, he has gone to the U.S.A. and established Nota Inc., and he creates apps and web pages. Now, Gyazo.com has the most users in the world by its screen shot sharing system. He was certified as Super Creator of IPA and its project in 2003.

Coaches

金村容典 Hironori Kanamura

株式会社フラミンゴ代表取締役CEO、立命館大学大学院法学研究科に在学中。2013年~2014年にVC、2015年春には文科省EDGEプログラムの一環でシリコンバレーを訪問しチャットワーク株式会社でインターンを経験。2015年夏には、インターンとして株式会社ディー・エヌ・エーの新規事業である"Anyca"のマーケティングに従事したのち、株式会社フラミンゴを立ち上げた。多文化共生社会の実現に貢献するために、まずはカフェに外国人を呼んで、外国語のレッスンを受ける事ができるアプリ「フラミンゴ」をリリースした。

Hironori Kanamura is CEO of Flamingo Inc. and goes to the law school in Ritsumeikan University. He visited VC in 2013 and went to the Silicon valley in 2015, then he worked at Chatwork as an intern. In 2015 summer, he served at marketing department as an intern for Anyca, which is a new project of DeNA. After that, he started Flamingo Inc. and launched a language learning app “Flamingo” to make multicultural symbiotic societies real.

高橋一生 Kazuki Takahashi

株式会社フラミンゴ取締役COO、立命館大学情報理工学部情報システム学科に在学中。昨年は文部科学省の海外留学支援制度を利用しシリコンバレー・ベルリン・ホーチミンにてITスタートアップやコンサルティング会社にてエンジニア・リサーチの長期海外インターンシップを経験。帰国後に株式会社フラミンゴへジョインし、現職。

Kazuki Takahashi is COO of Flamingo Inc. and goes to College of Information Science & Engineering in Ritsumeikan University.
Last year he went to the silicon valley, Berlin, and Ho chi Minh by using a study abroad support system offered by Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology, and experienced a long term internship at an IT startup and a consulting firm. He joined Flamingo Inc. after coming back to Japan and has gotten the present post.

Philip Long Phi Nguyen

2011年、東日本大震災後にカリフォルニアから来日。
UCLAで環境学と文化研究を学んだ後、京都大学大学院に入学し、放射線安全を学ぶ。2014年にIAEAでのインターンシップを経験し、ヨーロッパを旅する。日本に帰国後、起業家精神とコミュニティの必要性を感じ、2015年にGochisoを立ち上げる。他にない食体験を通じたイノベーションや人との繋がりを広げるため活動中。

Philip came to Japan from California in 2011, after the Great Eastern Japan Earthquake. He graduated from UCLA with a double major in environmental science and in cultural studies and entered Kyoto University for his Master’s and PhD, studying radiation safety. In 2014, he interned for IAEA in Vienna, Austria and traveled across Europe. After coming back to Japan, he saw the need for entrepreneurship and community cohesion. In 2015, he started project “Gochiso” to help foster innovation and connect people over unique food experiences.

藤田 功博

株式会社のぞみ代表取締役

1980年京都生まれ。京都大学経済学部卒業。大学在学中の2002年、企画会社 「株式会社のぞみ」を立ち上げ、代表に就任。以来、京都を主軸にしたコンテンツの企画・制作でベストセラーを数多く生み出しているほか、京都の文化をテーマにしたイベントプロデュースなどを行っている。

Organizers
Sushi Suzuki
澤村 功夫 Isao Sawamura
辻本 文哉 Fumiya Tsujimoto
藤本 璃旺 Rio Fujimoto
河野 晴愛 Haruna kono
タナカ ユウヤ Yuya Tanaka
徳永哲也
高畠 悠 Yu Takabatake
Upcoming Events