Next event…

お申し込み / Register

Kyoto Reseach Park KISTIC 2F

English Below

スタートアップウィークエンドってなにをするの?

スタートアップウィークエンド(以降SWと略)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当し ます。

What is Startup Weekend?

Startup Weekends are weekend-long, hands-on experiences where entrepreneurs and aspiring entrepreneurs create a startup in 54 hours. Throughout the weekend, you'll learn how to turn ideas into something real and experience what it's like to startup. Beginning with open mic pitches on Friday, attendees bring their best ideas and inspire others to join their team. Over Saturday and Sunday teams focus on customer development, validate their ideas, practice LEAN Startup Methodologies, and build a minimal viable product. On Sunday evening teams demo their prototypes and receive valuable feedback from a panel of experts.

スタートアップを体験するとは?

スタートアップに大切なのは、サービスの仮説検証を的確に行い、人々がほしがるものを見極めること。モノにあふれた現代では、ユーザーがほしがるものにしか市場価値は付かないからです。素早くプロトタイプを作り上げ、ユーザーテストで検証を行うことで、イノベーティブなアイディアがうまれてきます。

また、少人数でチームを組むスタートアップでは、それぞれに大きな裁量が与えられる点が特徴です。ハスラーのみならず、エンジニアもデザイナーも仮説検証と向き合い、自分の意見を生かすことが出来ます。もちろん失敗も起こりえます。しかしそこから学びを得て、プロダクトと共に自分も急成長して行けるのが魅力でもあります。

そんなスタートアップを実践しているSWからは、たった3日間の間に、確かな価値のあるプロダクトが生まれてきます。実際にここから始まったサービスは数知れず。世界478都市で1,000回以上開催された、参加者10万人を超える世界最大級のスタートアップコミュニティです。グローバルスタンダードのリーンスタートアップを体験してみようと思ったら、ぜひあなたもSWに参加してみてください!

What is the startup experience?

It's important for a startup to rapidly test their product/service and determine what people want. In a world of abundance overflowing with gadgets and apps, only a truly desired product/service can survive. By rapidly creating prototypes and testing with users, an innovative idea could be developed. In a startup with few team members, each person has both great responsibility and ability to affect the outcome. Everyone from designers to engineers to planners have a say in the ultimate product/service. There will be failures, but learning and growing rapidly from failure is not only necessarily but the allure of being part of a startup. In just three days, Startup Weekends have produced countless, truly valuable products and services. The event has been hosted over a thousand times in 478 cities around the world, and the alumni network is more than 100,000 people strong. If you want to experience the excitement of being part of a startup, come participate in Startup Weekend!

Schedule

Friday

Aug 5
  • 受付 Registration Starts
  • 懇親会 Dinner & Networking
  • ピッチスタート Pitches Start
  • 投票 Attendees vote for the top ideas
  • チームビルディング Teams start forming and discussing ideas

Saturday

Aug 6
  • 朝食 Arrive, simple breakfast & coffee
  • 昼食 Lunch
  • コーチセッション Coaches help teams one-on-one. They are here to help!
  • 夕食 Dinner

Sunday

Aug 7
  • 朝食 Arrive, simple breakfast & coffee
  • 昼食 Lunch
  • テックチェック Gut check. Start prepping for presentations
  • プレゼンテーション FINAL PRESENTATIONS
  • 審査 Judging & awards
  • Go home!
Local Sponsors
Facilitator

水口貴之 Takayuki Minakuchi

51Action 代表

同志社大学卒業後、2005年より東京に移り、広告代理店営業とDeNAでのアライアンス営業を担当した後、10年ぶりに京都に拠点を戻す。2014年に行われたStartupWeekendTokyoに参加し、その事業準備のために今年4月から個人事業主に転向。「全国の古民家を1つでも多く未来へ」をコンセプトにした古民家好きのための情報サイト「COMINCA TIMES」を運営。編集長を務める。

After graduating from Doshisha University, Takayuki moved to Tokyo and worked in sales at an advertising agency and at DeNA as a business developer. After 10 years in Tokyo, he returned to Kyoto. Takayuki participated in Startup Weekend Tokyo last year and has been an entrepreneur since April preparing his company. He operates a curation site "COMINCA TIMES" with its purpose of "bringing old traditional houses into the future" and serves as its chief editor.

澤村 功夫 Isao Sawamura

大手都市銀行で約13年勤務後、コンサル会社を経て2010年10月京都リサーチパーク株式会社へ入社。ベンチャー、スタートアップのサポートを行なう。2011年よりStartup Weekend Kyotoのオーガナイザーを務め、以来3年に渡りオーガナイザーとして活動。

After working thirteen years in a major bank, Isao worked in a consulting company before joining Kyoto Research Park Inc. in October 2010. He supports startup companies and have been an organizer for Startup Weekend Kyoto for 6 years.

Judges

今村 元一 Genichi Imamura

株式会社クエステトラ 代表執行役CEO

大学院修了時(2000年4月)、「四次元データ」(CRMソフト)を設立、代表取締役CEO。2007年、大阪証券取引所に株式上場(シナジーマーケティング)。2008年、「クエステトラ」(BPMソフト)を設立、代表執行役CEO。目下、世界中の「業務プロセスの整備」に腐心中。『京大「超交流会」の実行委員長』

After passing through a graduate school in 2000, Genichi established "四次元データ(Yojigen-Data)" (CRM Software) and has served as its CEO since then. The company was listed in Osaka stock market in 2007. In 2008, he established Questetra (BPM Software) and serves as its CEO. He has been trying to fit out a process of operation all around the world. Also, he is an executive chairman of a networking event called "超交流会(Cho-Koryukai)" of Kyoto University.

立石幹人 Mikito Tateisi

Seize Capital マネジメント・ディレクター Management Director, Seize Capital

シカゴ生まれ。2007年より株式会社インターリテラシー執行役員、コミュニケーションデザインとコンサルを行う。2011年慶應義塾大学大学院SDM修了後、シリコンバレーにて感情共有サービスの立ち上げを経験。2012年よりオムロン株式会社にて健康分野における技術開発から事業開発を担当。同時に投資評価、Mira Fitness LLC.の社内起業を北米にて行う。2016年より現職。書道、映像、音楽分野にて多数受賞。

Mikito Tateisi is a management director at Seize Capital. He is focused on investing in art tech and healthcare. Prior to founding Seize Capital in 2016, Mikito was Business Developer and Behavior Change Engine Manager of Omron Corporation and its intrepreneurial company Mira Fitness for 3 and half years in Kyoto and Chicago. Prior to Omron, Mikito was a co-founder at Smilebacks in Silicon Valley as well as a director at Interliteracy in Tokyo. Born in Chicago and raised in 5 countries, Mikito received his Master of System Design Management and a Bachelor of Environmental Information from Keio University in Japan. Mikito is a prizewinner of music producing, photography, calligraphy and animation.

Coaches

洛西 一周 Isshu Rakusai

Nota inc. 代表

1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。
「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代紙copiなどのソフトウェアを開発する。2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。

Isshu was born in 1982 and graduated from
the Graduate School of Media and Governance of Keio University. By his motto of making a "human" program, he created a software called Kamicopi when he was a high school student. Since 2007, he has gone to the U.S.A. and established Nota Inc., and he creates apps and web pages. Now, Gyazo.com has the most users in the world by its screen shot sharing system. He was certified as Super Creator of IPA and its project in 2003.

藤田 功博

株式会社のぞみ代表取締役

1980年京都生まれ。京都大学経済学部卒業。大学在学中の2002年、企画会社 「株式会社のぞみ」を立ち上げ、代表に就任。以来、京都を主軸にしたコンテンツの企画・制作でベストセラーを数多く生み出しているほか、京都の文化をテーマにしたイベントプロデュースなどを行っている。

Organizers
Sushi Suzuki
タナカ ユウヤ Yuya Tanaka
河野 晴愛 Haruna kono
藤本 璃旺 Rio Fujimoto
徳永哲也
高畠 悠 Yu Takabatake